サブバナ―背景画像

SERVICE 事業紹介

私たちのビジョン

独自の技術力、柔軟な創造力、未来への挑戦

株式会社マエダマーキンは、技術の革新に挑戦し続けることで、社会に新たな価値を提供することをビジョンとしています。私たちは、単に金属部品を加工するだけでなく、それぞれの部品が持つ可能性を最大限に引き出し、お客様の想像を超える解決策を提供することで、産業の発展に貢献します。このビジョンを実現するために、社員一人ひとりが技術と知識の向上に励み、常に挑戦し続ける企業文化を大切にしています。

機械加工事業

当社の機械加工事業は、発電用ガスタービンや発電機、LNGポンプ部品、煉瓦用金型、MRI装置部品など、幅広い分野にわたる金属部品の精密加工に対応しています。最先端のNC旋盤、マシニングセンタ、横中ぐり加工機を駆使し、複雑な形状や大型部品の加工も柔軟に対応。お客様から寄せられる多様なニーズに応えるため、技術開発と品質向上に日々取り組んでいます。

NC旋盤加工の画像

NC旋盤加工

当社のNC旋盤加工は、円形や筒形の精密部品製造に特化しています。旋盤系加工技術を用い、高精度な円周加工や複雑な形状の部品を効率良く生産します。金属材料を高速回転させながら、切削工具で削り取ることで、お客様の求める正確な寸法と形状を実現。一貫した品質管理と精密加工技術で、産業用から医療用まで幅広い分野の要求に応えます。

マシニングセンタ加工の画像

マシニングセンタ加工

マシニングセンタ加工は、当社の技術力の象徴です。フライス系の加工技術を活かし、複雑な形状や大きなサイズの部品も一台で多面加工が可能。最新のCADCAM技術を駆使して、精度と効率の両立を実現します。さまざまな業界からのニーズに応えるため、常に技術革新を追求し、細部にわたる品質の向上に努めています。

横中ぐり加工の画像

横中ぐり加工

横中ぐり加工は、大型で精度が要求される部品製造に対する当社の解答です。特に、長さのある部品や重量物に対して、高精度な穴加工や内面加工を行います。この加工技術は、旋盤系とフライス系の加工の利点を組み合わせたような特性を持ち、大型部品の加工において独自の技術力を発揮。要求される厳しい公差と仕上がりを実珀するため、経験豊かな技術者が精密な加工を行います。

製造までの流れ

受注のイメージ画像

1受注

当社へのお問い合わせ後、詳細なニーズのヒアリングを行い、迅速な見積もりを提供します。お客様との密なコミュニケーションを通じて、最適なソリューションを提案し、ご契約を締結します。これがお客様の期待を超える製品を提供するための基礎となります。

作業開始のイメージ画像

2作業開始

ご契約内容に基づき、生産管理システム「テックス」に受注情報を登録し、具体的な作業指示を出します。この段階で、製造の詳細なスケジューリングが行われ、必要な材料の準備や機械の設定が行われます。プロジェクトの成功に向けた準備が整い次第、実際の加工作業が開始されます。

加工のイメージ画像

3加工

お客様のご要望に応じた加工が行われます。NC旋盤、マシニングセンタ、横中ぐり加工など、多様な設備を駆使して、精密部品から大型部品まで幅広い製品を製造します。経験豊富な技術者による高度な技術と、厳密な品質管理体制のもと、最高品質の製品を生み出します。

手仕上げ・検査のイメージ画像

4手仕上げ・検査

加工された製品は、最終検査に進みます。ここでは、目視による検査、寸法検査、特殊な測定器を用いた精密検査など、複数の厳しい品質検査が行われます。不具合が見つかった場合は、手仕上げによる再加工や調整が行われ、品質基準を満たすまで何度も検査を繰り返します。

出荷のイメージ画像

5出荷

品質検査をクリアした製品は、慎重に梱包され、お客様のもとへ出荷されます。納期の厳守はもちろん、製品が安全にお客様に届けられるように、出荷時の細心の注意を払います。納品後も、製品に関するご質問やサポートが必要な場合は、迅速に対応いたします。

メンテナンスのイメージ画像

6メンテナンス

当社では、製品の納入後も長期にわたるサポートとメンテナンスを提供しています。定期的なメンテナンスや、突発的なトラブルに対する迅速な対応を行い、お客様の生産活動がスムーズに進むよう支援します。当社の製品を安心して長期間ご使用いただくための、充実したアフターサービス体制を整えています。

未来への挑戦

作業中の画像

未来への挑戦は、私たちが常に心がけている姿勢です。技術の進歩は加速度的に進む中で、新たな技術や材料の開発、環境への配慮といった課題に積極的に取り組みます。また、若手技術者の教育にも力を入れ、長期的な視点で業界の発展に貢献する人材を育成していきます。これからも、社会やお客様から求められる存在であり続けるために、未知の領域への挑戦を恐れず、前進し続けます。